ED治療薬シアリスの凄さと上手な付き合い方

バイアグラが発売されてから次々とED治療薬が続けて発売になりました。

所謂、ED治療薬の3兄弟と言われる薬が出そろったのは2000年前後の事であります。
特にシアリスは2003年にアメリカのイーライリリー・アンド・カンパニーが発売を開始し、それから4年たった2007年に日本で認可されました。
その特徴は、効果効能の継続時間が他の薬バイアグラ、レピトラと比べて大変長いところであります。
アメリカでは「ウィークエンドピル」と呼ばれることもあり金曜の晩に服用すれば日曜日の昼まで効果が持続するの他の薬と異なるところです。
体の大きな外人でもその期間効果が持続するので、日本人の場合確実に日曜日までは間違いなく臨戦状態が維持できるはずです。
効果の持続時間でいうと、バイアグラが5時間~6時間、レビトラが5時間~10時間
です。
そして、この薬は24~36時間と言われています。
バイアグラとかレビトラの場合、服用して効果が継続する時間が短いので、男性は「早くSEX行為を始めないと勃起が維持できなくなる」のではというおそれを常に持っています。
その為、女性と出会ってからも会話もそそくさとすぐにホテルに向かうような仕向けなければなりません。
これは、女性からすると、あまり好ましい接され方とは言えません。
彼女たちからすると、そこそこ話をして食事を楽しんで気持ちが高まった時にさらりとホテルインというのが受け入れやすい形と言えるでしょう。
ところが、効果持続時間がたっぷりあるこの薬の場合は、そんな慌ただしい状態を生じさせるような心配はありません。
ゆっくり話をして、そこそこ食事を楽しみ、気持ちがハイテンション‎になるのをじっくり待てば、女性の方から焦れてくるという形が取れるのです。
この薬の有効成分は「タダラフィル」で、その働きはバイアグラやレビトラと同様で、男性性器の勃起を妨げる酵素「5型ホスホジエステラーゼ」の働きをおさえることになります。
ED治療薬は、共通することですが、男性性器の勃起メカニズムに刺さりこんで問題点を解決しようという考え方で薬が作られています。
一方、精力剤とかサプリメントの場合は、男性性器という限定した部分ではなく、「体全体の新陳代謝を上げましょう。
そして同時に下半身の元気も同時に取り戻して再び勃起させましょう。
」というのが基本の商品コンセプトになっています。
ただこの手法では、再現性が低くなることが多いので、必ず固くなってほしい、長い時間保ちたいという時はED治療薬であるシアリス以外ないでしょう。